其は歴史となり、灰燼となり、無に帰す

当サイトは成人向けパソコンゲームソフト、所謂エロゲーについて主に扱っております。   関心の無い方や否定的な意見をお持ちの方はご注意下さい。

夏の魔女のパレード(Wonder fool) 感想

本作はツイッターで情報を見かけて体験版をプレイしたことがきっかけで購入しました。体験版がとても面白かったからというわけではなく途中で終わると何となくモヤモヤするというのとメインヒロインに「フヒ」とか言わせるセンスがちょっとツボだったので購入に至ったワケです(笑)
ちょっと話が逸れますが体験版をやることによって序盤の食傷感はどうしても出て来てしまいますね。とは言え体験版が短すぎても作品の面白さや内容が伝わりにくいでしょうし痛し痒しと言ったところですね。
さて閑話休題しましてまずは本作のシステム周りについて述べていきたいと思います。体験版ではまともに動作していなかったセーブ&ロードですが、流石に本編では修正してきましたね。セーブスロット数も十分だと思います。スキップも高速でゲームをプレイする上でストレスを与えられることはないと思われます。攻略難易度も最後の選択肢だけで個別シナリオへと分岐していますので詰まることはないでしょう。選択肢ごとの枝葉末節なテキストはあるのでその辺りはセーブ&ロードで対応しましょう。
では次にシナリオについて述べたいと思います。
本作では「魔女」が職業として存在しており、魔法を行使して災害救助をはじめイベント場の設営などさまざまな場面で人々の補助等を行っています。魔法の技能の習得のための「魔法学校」があり、3人+1人が修了試験、通称「魔女のパレード」に臨む所から物語が始まります。ところで、ゲームを開始してから80クリックぐらいBGMが流れないんですが、ちょっと無音が長くないですかね。バグかと思いましたよ(笑)
さて魔女達3人が村にやってきて主人公と邂逅を果たし色々している内に実は魔女達3人が主人公・幸人の許婚である事が発覚いたします。そして幸人争奪戦みたいな流れになってまいりますが、初っ端から魔女の1人であるトピアは争奪戦の離脱を宣言。・・・え?何で(笑)?他の2人と同じ立場なのに何で1人だけ攻略不可なんですか?納得いかねー(笑)
争奪戦にはブラコン妹の早紗と100回近い告白を繰り返すストーカー先輩・あずきも加わり事態はさらにややこしくなっていきます。そこに母親・ユリスの気遣いという名のお節介により幸人は夏祭りに婚約者を発表することに。幸人は各人との交流を通して婚約者を選ぶこととなります。
さてここからは個別シナリオについて述べていきます。

続きを読む

PILE☆DRIVER(ブルーゲイル)旧レビュー

※本レビューは過去サイトからの転載です

店頭で見かけて購入。

システム
ボイス無し。シーン回想&CGモードあり。スキップは高速です。バックログ無し。修正ファイルは当てましょう。

BGM
特にコメントすべきところはありません。BGMとして必要十分だと思います。

ストーリー
巨根の持ち主である主人公が、色んな人と絡むお話。・・・適当過ぎますかね(笑)?

プレイしてみて・・・
基本はギャグで時々シリアスという王道な作品なのですが、そのギャグがやや難ありで、シナリオもやや難ありと、ちょっと困った作品に仕上がっております。まず、このゲームは複数のキャラを攻略出来るマルチエンディング方式なんですけど、序盤・中盤に必須選択肢が出るキャラが殆どで、何回も同じオチを見ないといけないというとんでもない事態(ガチ○コ風)が起きてしまいます。つまり飽きる、と言う事です(笑)。ギャグの方もなんとなく空回りという感じでしたし、ビア樽(体型の女性)ネタやバーコードライダー(略解説)ネタも引っ張りすぎて、「身体的な事柄に対して笑い話をしないというのは文明人の優れたエチケットである」という文が脳裏をよぎる感じでした(笑)。もともとサブカルチャーなんだからそういうネタを使っても別にいいんですけど、他にネタ無いんかい、とは思いましたね。さらに言うと主人公の友人の祐司は鬱陶しいと思います(笑)。濡れ場は扇情的で無し。

シナリオについて。
まあ、何と言うか、その・・・ちょっと納得の行かない展開が多数ありましたね。真面目な話をやっても主人公の無節操さと(笑)、ギャグのどぎつさと、心理描写の不足とで全く機能不全に陥ってしまってます。ちゃんとやってくださいよ(笑)。後イベントは共通のものが多くてとても攻略がかったるいです(笑)。

個別シナリオについて
理穂シナリオ。
メインヒロインでこのイベント数ですか(笑)。展開もベタですし。というか幼馴染系のシナリオって、
①主人公の行為によってヒロインとの仲がピンチ。
②主人公は自暴自棄・無気力モードへ(笑)
③男友達がキレる。殴る蹴るの暴行モードへ(笑)
④女友達が主人公を慰める。
⑤主人公がヒロインへ謝罪・告白等をして解決。
から逸脱しませんねえ(笑)。但しこのゲームの場合、男友達は鬱陶しい存在なので殴られてもプレイヤーは腹が立つだけですし(笑)、問題解決後のフォローが全く入らずそのままエンディング、後日談になだれ込むという荒業をやってのけてます(笑)。

あやシナリオ。
う~ん。言う事無しですね。別の意味で(笑)。エロゲーにおけるお金持ちの令嬢のステレオタイプに見事はまっています。あやが主人公に惹かれていく様や主人公があやに惹かれていく様はほとんど描写されておらず、これで恋愛アドベンチャーなのかと感慨を新たにしましたね(笑)。

織絵シナリオ。
エンディング時の織絵さんは別人じゃないかと思えるほど、凄いベビーフェイスですね(笑)。そう、主人公は彼女の人生観のみならず性格すら変えたのです(笑)。ちと都合が良すぎるんじゃないかな、と思います。

 春奈シナリオ。
所謂「乖離性同一性障害」なわけですね。彼女は。多分。しかしそれについてどうこうするという感じではなく、適当によろしくやってるだけという印象が拭えませんね・・・繰り返しますが個別イベントが少なすぎです。

めぐみシナリオ。
主人公の友人君の妹で、友人君はシスコンなんですけど、めぐみと主人公が付き合い出した後の友人君関連のフォローが無いです。話が薄いのバレバレ(笑)。

真由シナリオ。
このシナリオも特に語ることはございませんねえ。というか真由に絡むイベント少なっ(笑)。いいんですかね、これで(笑)?真由関連イベントでは、光源の方向は変わっていないのに机の色の明るさが変化しているのが面白かったです(笑)。デバッグ時点でチェックしてなかったんでしょうか(笑)?

香織シナリオ。
おお、意外と長いっすね。まだマシなシナリオと言えるでしょう。まあ、まだマシなだけで良いとは言えませんですが。どっちにしろギャグキャラが立ってないんで終始冷めた目で見られます(笑)。

美帆子シナリオ。
美人保険医シナリオです。分かり易いですね(笑)。エンディングは必見かもしれません。・・・なし崩し列伝と言う事で(笑)。個人的にはイチオシです。

優実シナリオ。
友人君の彼女をGETしちゃうシナリオです(笑)。流石にこのゲームと言えども友人君との絡みを入れています。あっさり風味で適当な感じがとてもしますが(笑)。

まとめ。
攻略可能なキャラクター数が9人とかなり多めでキャラ個別イベント数がかなり少ないというあべこべゲームとなっていますね~。ここまで汎用イベントが機械的に挿入されると、かなり感情移入の邪魔になるという好例ではないでしょうか。抜きゲーにしては描写が淡白ですし、純愛ゲーにしては心理描写が適当ですし、笑いゲーにしてはギャグの方向性がやや先鋭的な上に同じネタを繰り返し過ぎですし。微妙なソフトですね。

ナツイロココロログ(Hearts) 感想

ここ最近はVRなゲームなどが話題となっておりますが本作はVRな空間において恋愛をしましょうなゲームです。と言ってもプレイヤー自身がVRでゲームするわけではなく(そういうのはイリュージョンとか作りそう)、あくまでゲーム内の登場人物がその空間で色々やり取りするということです。詳細は後に譲るとしまして、それ以外の部分についてまずは述べていきたいと思います。
システムまわりは特に不満点はないですね。スキップも高速で使い勝手がいいです。ただエンディングが各キャラ毎に既読管理されていてコンプには5回見ないといけません。そこはちょっと勘弁してほしいですね。個人的な事情ではありますが、積みゲーが大量で早く消化したい時とか、糞ゲーでとっとと終わらせたい時とかエンディングが飛ばせないとイラっとしますので(笑)
さてシナリオについてですが、全体としては特に問題はなく、無難な出来ではないでしょうか。ストーリー構成ではなく、キャラの魅力を前面に押し出した作りであり、Heartsブランド前2作とほぼ同様だと言えるでしょう。余談ですが第1作目のメルクリアは結構好きな作品ですが、2作目は微妙でした(笑)
しかしこのVRで恋愛シミュレーションである「リアルリンクプロジェクト」の最終目的から鑑みると妹シナリオの帰趨はそれからやや逸脱していますので、納得いかない方もおられるかもしれませんね。
あと共通シナリオで少し気になったのは夕方に行動を決める選択肢が序盤2回出ますが背景同じでテキストも全く同じという所ですね。手抜きじゃないかと思いました(笑)
ここからは個別シナリオについて述べていきたいと思います。以降ネタばれありにつきご注意。

続きを読む

めいくるっ!(ASa-Project)旧レビュー

※本レビューは過去サイトからの転載です

HPのゲーム紹介が妙にツボだったもので(笑)

システム
CGモード・BGM鑑賞、シーン回想あり。バックログあり、主人公以外フルボイス。まあ最近のゲームのデフォルトですな。スキップはボタンを押してから開始するまで若干の遅延があり、ややストレスを感じますね。スキップの速度自体はまあまあ速いのでダメってわけではないですが。でも音声がブツブツ鳴っているのはどうかと(笑)

BGM
BGMは悪くないです。歌は・・・記憶を消去しました(笑)

ストーリー
主人公が通う学園にメイド・アカデミーからメイドさんの研修生がやって来た!メイドさんに幼馴染や悪友が加わり乱痴気騒ぎを繰り返すそんなゲームです(笑)乱痴気騒ぎの中にタマ(命)の取り合いがあったりしますが(笑)

プレイしてみて・・・
開始直後のメイドアカデミーでの一幕でこのゲームの本質が掴めますね。「プリーズ!プリーズデカパイシークレット!!」のイントネーションが最高です(笑)
このゲームはコマンド選択式のADVとなっております。難易度は・・・幼馴染が本編では攻略不可能であることに気づけば低いと思われます。最初に出てくる選択肢は

1. やっぱり購買に向かう
2. 依音(=幼馴染)と一緒に昼食をとる

思いっきりフラグ立ちそうな選択肢なんですが(笑)おかげで3~4回はノーマルエンドばかりでしたよ?このやる気を無くさせる選択肢配置はちょっと減点対象ですね。しかしこのゲーム、キャラクター立ちまくりですね。主役・ヒロインは勿論、チョイ役的な脇役でさえ誰?コイツ状態にはなりません。依音トラップに引っ掛かって何度も同じシナリオをプレイしたからという説もありますが(笑)  その立ちまくりキャラの中でもやはり注目すべきは主人公の友人・藤間陣(とうま・じん)でしょう。その言動・行動・立ち絵どれをとっても真面目な要素殆どナシ(笑)メイドの研修が終わってお別れパーティしてるところで 「精液」と発言するなんてあり得ません(笑) 陣以外にも依音や陣付きのメイド・ブランシェさんなど、他のキャラもなかなかのもの。声優さん方もなかなかの熱演で、他のゲームではありえないような野太い声が出まくりです(笑)依音が主人公にドロックキックをして主人公がパンツが見えたと指摘した時の「見せたんだい」や、水恋(メイドの一人)との料理勝負での「よっちゃんラブラブラブラブラーーーーーーー!!」など、本当に音声は色々必聴です(笑) そんなワケで、第8話までの共通シナリオ部分は非常に素晴らしい出来でした。だからこそ開発スタッフは依音トラップを仕掛けて共通シナリオで足止めしようとしたのかと思わせるぐらいの出来です(笑)

続きを読む

ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム(Chien) 感想

本作は温浴施設「クアハウス八千草」を切り盛りする主人公と彼に想いを寄せる4人の少女とのやりとりを描いたADVです。
システムはちょっと難ありな所がありますね。前作でもそうだったのですが、ボイス音量がBGMなどと比してやや小さいので聞き取り辛いです。コンフィグで調整すればいいのですが、デフォルトでもう少し音量を大きくして欲しいと思いますね。メッセージウインドウもやや真ん中よりで左右と下に空間が出来てて少し気になります。段々と慣れてはきますが他のゲームをやってから本作をやると違和感バリバリです(笑) スキップ中の立ち絵の描画処理が通常の進行時の描画よりもジャギーが目立つのもちょっと気になります。あとバックログ表示時に現在のメッセージが表示されつつ半透明のバックログウインドウが重ねて表示されるので字が被って読み難いことこの上ないですね。システムについては上記以外には問題なく、スキップも高速で既読判定あり、セーブスロットも十分です。
しかしこのゲームは誤字が多いですね。私もこのブログで度々タイプミスしてるので大きな事は言えませんが(笑)、にしても「朝っぱ」などの新しいら抜き言葉を使用してみたり、「豆鉄砲をくらってしまう」と新諺を開発してみたりとなかなかのはっちゃけた誤字脱字誤用をしてくれてます(笑)
さて本作は4人のヒロインの各個別エンドとハーレムエンドが存在していますが、ハーレムエンドになかなか辿りつけません(笑) 勿論選択肢の組合せを総当りすればハーレムルートに到達できるでしょうがそこまでやる前に攻略サイトを見た方がいいと思います。実際攻略サイトのハーレムルートの選択肢を見てもどう言った基準で選ばれているか全く分かりません(笑) 多分全員の好感度が上がる様に選ぶんでしょうけど、2者択一の選択肢は本当どういう基準なのでしょうかね?
ここからはシナリオについて述べさせて頂きます。本作はタイトルから推察される通り個別ルートだろうが何であろうが強制イベントで全員とセックスします。4人の個別ルートとハーレムルートでつごう5回同じシーンを拝見する事となります。うん、飽きますね(笑) CGは使い回しですがテキストは微妙に変えてあって既読スキップだと途中で止まって微妙にイラっときます(笑)
個別シナリオについては正直あまり印象に残らないですね。濡れ場のおまけということでしょうか。
ところでかすみとのヤクソクは覚えてない筈だったのに「ちゃんと覚えてるって」などとのたまう主人公の記憶改竄力には参りますね(笑)

このゲームは全体的にこういう不整合性というかちぐはぐさが目立ちます。残念。

黒と黒と黒の祭壇~蟲毒~(シーズウェア)旧レビュー

 本作とキャラメルBoxの「めぐり、ひとひら。」をやってる人ってそんなに多くいなさそうですが、どちらかしかやっておられなくて朱門優氏のシナリオが好きな方は補完をお勧めします。あと当時は書きませんでしたが本作のオマケコーナーでシナリオライターがトンズラしたとか書いてたのは受けました(笑)

※本レビューは過去サイトからの転載です

店頭で購入。

システム
やや重いですが安定。バックログあり。フルボイス。スキップは高速ですね。

BGM

役割は果たしています。しかし悪魔+チャーチオルガンだと女神転生ですな(笑)。

ストーリー
聖女の「神託」により主人公は反逆者の汚名を着せられる。主人公はチッセと名乗る女性の誘いに乗り、聖女への復讐を決意する・・・

プレイしてみて・・・

難し過ぎでしょう、コレは(笑)。バッドエンドへ行く選択肢多すぎ(笑)。とりあえず同じ話を聞きすぎて耳にタコ状態です・・・どうせ解けなかったら攻略サイト探すだけなんだからもうちょっと優しくして下さい。まあそういう意味では骨のあるゲームです。私には骨が折れるゲームでしたが(笑)。

まあしかし内容はかなり奇想天外です。素材自体はオリジナルでは無いんですが、その素材の組み合わせ方が斬新。一体、パッケ裏の文句から如何にしてこのようなストーリーを想像出来るでしょうか!それが一般受けするかどうかは別ですが。とにかくこういう大風呂敷広げた壮大なストーリーは、それだけ穴が空きやすいので、世界観の不整合性を突っつくのが大好きな私としてはOKなのです(笑)。

その辺は後述するとして、まずはシナリオについて。BASTARD!!の影響を受けてるっぽいですね。主人公も覇道を突き進むし。イベントでも天使に囲まれる場面があったりして、共通点がありますよね?サタンの描写も似まくり(笑)。んで、BASTARD!!とこのゲームの違いは、「セフィロトの木」が出てくるところと、天使に関連する名称がほとんど出て来ない所ですか。具体的に挙げるとイブリース、シェムハザ、サタネル、ケルビム、グリゴリ、だけです。設定も原典とはかなり異なっています。ですので、聖書とか悪魔とかに造詣が深い方がプレイされると逆に「勝手に話変えんなよ・・・」とか思ってしまうかもしれません。

個別シナリオについて。
チッセシナリオ。

このゲームの中で一番アツイシナリオです(笑)。主人公に尽くしまくり(と言っても調教は出来ませんが)で、面白すぎです。さらに主人公の行動も凄い。修羅道です(笑)。剣に生き剣に死す。人生とはこれ闘争なり。・・・てな感じなんですよ。黒い英雄ですな。ユーディットに対して「これが貴様の末路だ」、神に対して「神のご高説痛み入るよ。ハハハ」、などの台詞は彼の面目躍如といったところです(笑)。

レアルシナリオ。

脇役ですね(笑)。脇役のクセにこいつをほっとくとバッドエンド確定というのが心ニクイですな(笑)。話自体は短いし、そんなに書くことはありませんな。ただこのシナリオもやっぱり剣に生き剣に死す。人生とはこれ闘争なり。・・・な雰囲気ですね。にしてはややコミカルなんですが。

ベアトリーチェシナリオ。
このシナリオは面白いですよ。彼女絶対頭おかしいですから(笑)。この人も主人公に尽くしまくり(こっちは調教もあり)で、彼女にとって主人公は善も悪も超越した偶像に違いありません(笑)。

ユーディットシナリオ。
と言っても共通シナリオなんですが一応書きます。まあ内容と言えばやっぱり主人公の事を憎からず思っているユーディットがもともと「神託(=主人公を反逆者として裁く)」の事について気負っていて、「何でもするから許して」な調教を楽しむって所ですか。最後は主人公と共に堕落して暴君として地上に君臨します。そしてそれをお膳立てしたのが「全知全能の神」というところにこのゲームのパンキッシュな精神が感じられますね(笑)。この調教で一番面白かったのは犬調教でのユーディットの表情があまりにもやる気なさげな所でしたね(笑)。必見ですよ。

ユーディット隠しシナリオ。
罪を全て清算するシナリオとして機能しています。まあつまり主人公がユーディットへ改悛の情を示し、チッセの誘いを退けるというお話なんですけど、登場人物が悪役を含め皆カッコ良すぎです。特に処刑広場での一幕は他のゲームならクライマックスであろうと言うほどのボルテージの高さ。その後の主人公とユーディットとの対面の場面など感動の涙が溢れ出る展開です(笑)。主人公はいきなり義に篤い人に戻ります(笑)。問題は、その後の展開が共通シナリオと被っているところ。今まで何度もやってきている(難易度が高いから余計に)テキストを読むことになるので、ボルテージが下がりまくり(笑)。その辺は考えて欲しかったです。このシナリオは妙にアツい主人公の側近達がイチオシですよ(笑)。
  さてここからはツッコミ文です(笑)。まず「ハプラスティマ教徒」と名乗るチッセに関して(ハプラスティマ教というのは主人公の属する宗教とは対立する教えです)、主人公は序盤チッセがハプラスティマ教徒と思ってるんですが、彼女は六芒星が目立つ服装をしていて、どうみてもハプラスティマ教徒には見えません。あれほどまでに頭の切れる主人公が気付かぬ筈はないんですが・・・
 次に「ジェネシス(創世の唱)」について。この唱についてはどうでもいいんですが、「聞こえる人には聞こえる」というような観念論っぽいことを持ち出すのは何故か(笑)。この章の章題も「形而上空間に響く唱」となっていて、意図が不明すぎます。フツウに書けば良かったんじゃ?そもそも空間って定義が出来るなら既にそれは形而下にあるものなんじゃないんですか(だから「聞こえる人には聞こえる」と言ったんでしょうけど)?まあやけに難解な言葉で綴っているのが面白いゲームなんで別にいいんですけどね(笑)。

次に「ダアト(11番目のセフィロト)」の扱いについて。一応ここだけは伏せておきます。

隠しシナリオにおいて、ユーディットは「グノーシスの門」から溢れ出る力に守られているそうです。いや、ちょっと待て。神に敵対するものを神の力が守るってのはおかしいんじゃないですか?セフィロトとは神よりも善なるものなんでしょうか?それはマズいだろ(笑)。

まとめ。
ちょっと苦笑するところもありますが、全体として演出の良さとかが光ってたので、平均点以上はあるんじゃないでしょうか。私自身こういう宗教とか騎士とかの話が好きですしね。
 蛇足。

ユーディーのアトリエ」をプレイした後にこれをやると違和感ありあり(笑)。どうでもいいけどアトリエシリーズの主人公は皆性格が同じですね~(笑)。

お兄ちゃんやめて(Gaia)再プレイ 感想

旧レビューと同時に再プレイ感想を上げてみようかと急に思い立ったのですが、ソッコー終わるゲームとなるとセグエラボラトリーの「森のにゃんこ」かGaiaの「お兄ちゃんやめて」かどちらにするかで迷いました。でもこっちの方が地雷臭い記憶がありましたので、本作品を取り上げる事と致しました(笑) 別に地雷ハンターじゃないですよ。多分。普通に面白いのも好きですし。まあ普通でない面白さも好きなのは間違いないですけどね(笑)
ではそろそろ本作について触れていきたいと思います。システムなどは旧レビューをご参照頂くとして今回はそこから漏れていた辺りを解説していきます。
旧レビューではBGMが鳴らないとしておりましたが、追記通りコーデックの問題のようで再プレイの為現在使用しているマシンにインストールしてみましたら問題なくBGMが流れてくれました。
動作はかなりヤバげです。このゲームはタイトル画面が存在せずCGモードや回想モードはゲーム本編プレイ中にアプリケーションのメニューから選択して閲覧する仕様ですが、本編に戻る時はメニューにある「本編」をクリックして戻りますが、時々全く別のシーンに戻ります(笑) 後再現性は不明ながらCGやシーンの既読情報が消えてCGモードが全部未読扱いになったり、回想モードに入ると「『」だけ表示されて進めなくなったり(本編に戻っても同様の表示になり、直すには再起動しかありません)して中々に不安定です。
一つだけいい所を述べますと、本作はセーブデータをDMTという拡張子のファイルを生成して保存しますが、セーブ時には昇順で表示、ロード時は降順で表示してくれます。ファイル名の一部を数字で順番に記録するなどしておけば(例えばSave1、Save2...など)、最新のファイルが一番最初に表示されるので、再プレイ時には便利ですね。でもセーブデータをインストールしたフォルダ以外に保存している場合は初回起動時はインストールしたフォルダが表示されますので一々保存したフォルダに移動しないといけませんのでそこは不便です。

続きを読む