其は歴史となり、灰燼となり、無に帰す

当サイトは成人向けパソコンゲームソフト、所謂エロゲーについて主に扱っております。   関心の無い方や否定的な意見をお持ちの方はご注意下さい。

Machine Maiden外伝~シンシア~(Evolution) 旧レビュー

※本レビューは過去サイトからの転載です

アリステイルと同時に購入。千円以下でしたね(笑)

システム
女性フルボイス、CG回想あり。シーン回想は無し。スキップは強制のみ。バックログ無し。前作と比して、あまり変わってないような・・・?

BGM
MIDIなんで、なんとも言えず。まあ普通じゃないですか。

トーリー
DOLLと呼ばれるアンドロイドのAIの教育を要請された松岡涼。彼はいったいどのような教育を施すのであろうか・・・

プレイしてみて・・・
このゲームにおいて避けられないものは、前作と比してどうか、という論議ですね。結論から言いますと、より実用的な方は前作だ、というところですか。だってCGは使い回しが多過ぎるんですもの。飽きて当然?なノリですな。その上ほとんどのHシーンで、CG一枚だけですし・・・手抜きですか(笑)?初期の汎用イベントでは、前作で使用されたCGを流用してるっぽいです。つまりビジュアル面においてはミドルエンドな位置付けである、と(笑)。そう結論付けるしかないんですけど・・・
このゲームはビジュアルノベル形式なんですけど、一つだけ申し上げておきたいことに、一度に表示する文字数がべらぼうに長いということがあります。適当に改ページ入れろよ・・・。読みにくいですって。

シナリオについて。
前作をプレイしていると、前作の主人公と松岡のギャップが物凄くて、かなり面白げです(笑)。前作での松岡はエリート然とした嫌なキャラクターとして描かれていますが、今作ではいきなり熱血○人ばりに竹刀を持ち出してシンシア(松岡が育てているDOLLの名前です)を鍛え上げていきます。「お前はそんなもんじゃないだろうッ!立つんだ!!」なノリでハッキリ言ってアンタ誰よ?な状態です(笑)。別のシナリオではシンシアを死んだ妹と重ね合わせて癒されちゃったりしてます。また別のシナリオでは父親としての喜びをかみ締めています。
なんでやねん(笑)。
さらに別シナリオでは同僚の女性をゆすったりしてます。熱血隼○先生がレイプしちゃったりしてるよ(笑)。状況によって人は獣にも慈父にもなる。けだし真理ですな(嘘)。
シナリオ毎の主人公の人格の変遷はともかくとして、各々のシナリオ自体はそれほど悪くはないですね。主人公が心理学者であると言う点を結構生かした話の作り方だと思います。
個人的に一番面白かったのは、最初の「前作マシンメイデンをプレイしたことがありますか?」の選択肢で、”どちらともいえない”を選ぶと即座にオープニングに戻ってしまうところです。 古い仕掛けですねぇ~~(笑)。

まとめ。
1000円未満で買ったんで、まあ別に損した気にはならなかったですけど、敢えてプレイするほどでもないかな?と。

03/10/10更新