読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

其は歴史となり、灰燼となり、無に帰す

当サイトは成人向けパソコンゲームソフト、所謂エロゲーについて主に扱っております。   関心の無い方や否定的な意見をお持ちの方はご注意下さい。

ナツイロココロログ(Hearts) 感想

01_PCG 02_感想 58_な行

ここ最近はVRなゲームなどが話題となっておりますが本作はVRな空間において恋愛をしましょうなゲームです。と言ってもプレイヤー自身がVRでゲームするわけではなく(そういうのはイリュージョンとか作りそう)、あくまでゲーム内の登場人物がその空間で色々やり取りするということです。詳細は後に譲るとしまして、それ以外の部分についてまずは述べていきたいと思います。
システムまわりは特に不満点はないですね。スキップも高速で使い勝手がいいです。ただエンディングが各キャラ毎に既読管理されていてコンプには5回見ないといけません。そこはちょっと勘弁してほしいですね。個人的な事情ではありますが、積みゲーが大量で早く消化したい時とか、糞ゲーでとっとと終わらせたい時とかエンディングが飛ばせないとイラっとしますので(笑)
さてシナリオについてですが、全体としては特に問題はなく、無難な出来ではないでしょうか。ストーリー構成ではなく、キャラの魅力を前面に押し出した作りであり、Heartsブランド前2作とほぼ同様だと言えるでしょう。余談ですが第1作目のメルクリアは結構好きな作品ですが、2作目は微妙でした(笑)
しかしこのVRで恋愛シミュレーションである「リアルリンクプロジェクト」の最終目的から鑑みると妹シナリオの帰趨はそれからやや逸脱していますので、納得いかない方もおられるかもしれませんね。
あと共通シナリオで少し気になったのは夕方に行動を決める選択肢が序盤2回出ますが背景同じでテキストも全く同じという所ですね。手抜きじゃないかと思いました(笑)
ここからは個別シナリオについて述べていきたいと思います。以降ネタばれありにつきご注意。

 まずは綺新シナリオから。シナリオには直接関係ないですが一言まず言わせて頂きたい。海水浴時に水着を着ているときに手袋を装着しているのはおかしくないですかい(笑)?

それ以外については特におかしな所は・・・微妙にありますね(笑) まず綺新のアバターであるキサラには「本音変換ツール」なるものが適用されており、そのツールとは

アバターを操作している本人の思考や性格のデータを、リアルタイムで数値的に変換して、それをアバターに反映させるツールよ

とのこと。そしてそのツールのバグによりキサラがエロに明け透けな性格になっているということですが、ちょっとおかしいというか本人の思考や性格から反映されるデータがそのままアバターにフィードバックされているなら性格が変わったりはしないような・・・まあこれは上記の引用のテキスト自体が間違いで実際の所は性格等から本音を分析してアバターに反映させるツールということなのでしょう。しかし常に本音というのは人間関係を破綻させるような気がしますがこのツールが本当にユーザーの助けになるのですかね(笑)?
さて物語中盤ではリアルとND空間(本作におけるVR空間の名称です)とで順繰りにデートを重ね徐々に二人の距離が縮まる様が描かれます。最初のリアルデートこそ組み手とかワケ分からん展開ですが(笑)、2回目以降は遊園地に行ったりとなかなかいい感じになっていきますね。
終盤においては綺新が体調を崩してまでリアルリンクプロジェクトに関わろうとする理由が明らかになります。無理を諫める主人公と喧嘩になりギクシャクするも殴り合いを経て和解と相成ります(笑) 経験者が素人に本気で殴ったらアカンですよ(笑)
そして個別シナリオ序盤から登場していた謎のNPCの正体が明らかに。謎というか行動から微妙にバレバレな気もしますが、NPCである理由についてはちょっと予想外でした。ちょっと無理あるかなという気もしますが・・・最後はリアルリンクプロジェクトの目的であるND空間内で結婚式を挙げてフィナーレですね。ウェディングドレスでは流石にいつもの手袋は装着しないようです(笑) 後主人公のタキシードが数クリックで色が変わるんですけど、ND空間ならではの特殊なタキシードなんですかね(笑)
次に小都音シナリオについて述べていきます。自分に自信のないヒロインが他人格の投影としてアバターを操る内に人格が乖離してしまいますが、主人公の説得により人格を再統合するというお話ですが、シナリオのある時点からいきなり別人格と手鏡越しに語り合い出す小都音ちゃんがやや頭がヘンじゃね?という気がする以外は特に可もなく不可もなくといった所でしょうか。主人公と小都音は幼少時に出会っているとのことですが、その辺りのエピソードはあまり生かせていないですね。そのくだりは有っても無くてもシナリオにあまり影響がないと思われます。後はスベスベマンジュウガニとか出してくるセンスは買いたいと思います(笑)
次は鈴シナリオについて述べていきたいと思います。元々主人公に対して兄妹以上の感情を抱いていた鈴が紆余曲折を経て恋人になるというような流れでございますが、リアルリンクプロジェクトの目的というのはインセスト・タブーを犯すということなのでしょうか。綺新シナリオでは最終目的が結婚とか開発者が言ってましたが、鈴と主人公は結婚できねーぞ(笑)? その辺りの齟齬はあまり上手く消化できていない印象ですが、それ以外の鈴と主人公とのやり取りなどはいい感じなんじゃないでしょうか。主人公が鈴のパンツをいじくりまわしている時の「いやぁ~~っ!お兄ちゃんがヘンタイさんになっちゃった~!!」という台詞はお気に入りです(笑)
次に久遠シナリオについて。
再会→距離が急速に縮まる→恋人へ→見合いをさせられそうになる→色々強行突破→大団円 ・・・ってな流れから逸脱しないお嬢様系シナリオと言えば分かりやすいでしょうか(笑)
強行突破の場面では電子ロックを格闘ゲームに変換して敵を倒すことにより電子ロックを解除する、という無茶な流れになりますが、その敵の外見がちょっと面白いですね。立ち絵あり2人目は明らかに百裂脚な中国の某女性刑事です(笑) そして3人目は一子相伝の拳法を極めた長兄ですね(笑)
その拳王じゃなかった格闘王とやらを倒すと見事電子ロックを解除して常盤邸へ侵入。そして久遠と結ばれます・・・っていうか父親と話をする直前に娘とセックスすんなよ(笑)
最後に隠しシナリオについて述べていきます。
梅宮先生も攻略出来るようです。経験もないのにお姉さんぶって自爆する先生は楽しいですね。AIに引かれる主人公はアイタタです(笑)
でもどうせならND空間で女性キャラになる椎菜とかが見たかったですね。そして告白してリアルでアッーーーとかどうです(笑)?